« 統計でウソをつく法 | トップページ | Harry Potter and The Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス) »

2005年8月19日 (金)

書剣恩仇録 一~四

著  者:金庸 (訳:岡崎由美)
出版社:徳間書店
出版日:(一)1996年10月31日初版
     (二)1996年11月30日初版
     (三)1996年12月31日初版
     (四)1997年1月31日初版
評  価:☆☆☆☆(説明)

 中国の武侠小説と言われる分野の小説。
 武侠小説とは、武芸に秀でた英雄豪傑の活躍する歴史小説のことらしい。そう言えば、水滸伝や三国志演義などの古典にも、人並みはずれた能力の持ち主が、大勢登場して入り乱れて活躍する。これらの古典が源流なのだろう。

 それで本書だが、これが大変に面白い。紅花会という高潔の士の大結社の面々が主人公。対するは清の朝廷。舞台はモンゴルから北京、江南と広い。次々に危機に見舞われ、目まぐるしく場面が転換する。
 非難するわけではないが、この読みやすさ、面白さの理由は、マンガ的、アニメ的であるところだろう。意味は、多少現実味を無視しても、面白ければ良いとうこと。
 例えば、結社の親分が絶体絶命の危機に瀕していると、なぜか大勢の人が駆けつけて来て、一緒に戦い出す。広い砂漠の中で、偶然通りかかったなんてのもお構いなし。飛び降りた人を、後から追いかけて降りて追い付くなんてのもOK。
 大衆受けする要素もテンコ盛りだ。出生の秘密、恋愛と三角関係(登場する主な4人の女性は、全員美貌の持ち主で、誰かと恋に落ちる)、そして復讐、何だか韓流ドラマみたいだ。正義と悪。朝廷に対抗する義を重んじる人々。計算されつくしたストーリーなのだろう。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「書剣恩仇録 一~四」 固定URL | 2.小説

« 統計でウソをつく法 | トップページ | Harry Potter and The Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス) »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/13984765

この記事へのトラックバック一覧です: 書剣恩仇録 一~四:

« 統計でウソをつく法 | トップページ | Harry Potter and The Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス) »