« アブダラと空飛ぶ絨毯 -ハウルの動く城2- | トップページ | クリティカルチェーン なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか? »

2005年7月19日 (火)

ナルニア国物語7 さいごの戦い

著  者:C・S・ルイス (訳:瀬田貞二)
出版社:岩波書店
出版日:1966年12月1日第1刷 1984年9月10日第19刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 ナルニア国物語の最終巻。ナルニアの世界は、前巻で誕生した時の逆をたどって、ただの暗黒に戻ってしまう。世界には寿命があり、それは誰にも逆らうことができないのか。アスランも今回は危機に瀕するナルニアを救おうとはしない。時の巨人に命じて全てを暗黒に戻し、その最後に良き者だけを救い出しただけだ。これは、とても宗教的だ。ノアの大洪水や終末思想を思い浮かべさせる。

 今回の第一の悪者はサルだ。ライオンの毛皮をロバに着せて、アスランだと皆をだます。まさにサル知恵なのだが、これに大方の人間や動物たちはだまされてしまう。小人なんぞは、本当のことが分かった後も、今度は何も信じることができなくなって、自分たちだけのナルニアを手に入れようとする。ルイスは大衆の愚かさを感じていたのではないか?

 滅び行くナルニアからドアを通って逃げのびた所は、やはりナルニアだった。そこからさらに高く遠く行った所もナルニア。真のナルニアとその影のナルニア。そして、その先にはアスランの国、天国だった。死んでしまった良き者がそこでは生きているし、ピーターたちは、自分たちの世界では事故で死んでしまっている。

 「正しい神に対する邪な信心もないし、悪い神に対する邪な信心もない」と、アスランは言う。何を信じるにしても正しい信心かどうかが問題、ということか?それから、「内側は外側より大きいものですよ。」という言葉も印象的だ。外から見えるものより、内面の方が豊かで大きいということだろうか?

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ナルニア国物語7 さいごの戦い」 固定URL | 1.ファンタジー, 12.C.S.ルイス(ナルニア国)

« アブダラと空飛ぶ絨毯 -ハウルの動く城2- | トップページ | クリティカルチェーン なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか? »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

12.C.S.ルイス(ナルニア国)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/13956699

この記事へのトラックバック一覧です: ナルニア国物語7 さいごの戦い:

« アブダラと空飛ぶ絨毯 -ハウルの動く城2- | トップページ | クリティカルチェーン なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか? »