« 「象の消滅」短篇選集 | トップページ | カンガルー日和 »

2005年5月11日 (水)

クリストファー魔法の旅 大魔法使いクレストマンシー

著  者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ (訳:田中薫子)
出版社:徳間書店
出版日:2001年10月31日初版 2001年12月20日第2刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 ダイアナ・ウィン・ジョーンズのクレストマンシーシリーズの4作目。時系列で言えば、1番最初の物語になる。シリーズの他の物語ではクレストマンシーである、クリストファー・チャントの少年時代の話。その時のクレストマンシーは、ゲイブリエル・ド・ウィット。その前は、ベンジャミン・オールワージーと言うらしい。

 シリーズ4作品中3作品を読んだが、これが一番面白い。ストーリーにムリや退屈なところがなく、ドラマティックでさえある。数多くの並列世界の成り立ちや、その間を行き来することなどが、とても分かりやすく描かれている。
 他の作品で、クリストファーが銀に弱いことや、時々うわの空の表情になることなどの理由が明らかにされている。正直言って、うわの空になることには、もっと深い理由を想像していた。「退屈しているのがばれないように」というのがその理由なのだが、これでは納得いかない。退屈しているのはバレバレだし、確か他の本では、大事な話の最中にもうわの空になっていたように思うのだけれど。
 成長物語や、人間ドラマ、裏切り、アクション、謎解き、と色々な要素があり、シリーズ4作目で完成されたと言うところか。
 そう言えば、肉親に利用されるところなど、この次のクレストマンシーになるエリックの境遇とよく似ている。自分の能力に気が付かないところもだ。いや、人間の才能とはそういったものなのかも。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「クリストファー魔法の旅 大魔法使いクレストマンシー」 固定URL | 1.ファンタジー, 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

« 「象の消滅」短篇選集 | トップページ | カンガルー日和 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/6855425

この記事へのトラックバック一覧です: クリストファー魔法の旅 大魔法使いクレストマンシー:

« 「象の消滅」短篇選集 | トップページ | カンガルー日和 »