« 神々の世界 UNDERWORLD | トップページ | サークル・オブ・マジック(1)(2) »

2004年6月14日 (月)

トールキン小品集

著  者:J・R・R・トールキン (約:吉田新一他)
出版社:評論社
出版日:1975年3月20日初版 1993年4月10日第8刷
評  価:☆☆☆(説明)

 トールキンの短篇集。「農夫ジャイルズの冒険」「星をのんだかじや」「ニグルの木の葉」「トム・ボンバディルの冒険」を収録。
 トム・ボンバディルは、指輪物語に登場する人物で、全ての物の前に存在していたとされる。魔王サウロンも手が出せないとも言われている。そういうこともあって、「トム・ボンバディルの冒険」に興味があって手に取った。
 しかし、これは16篇の詩からなる詩集で、しかも、トム・ボンバディルは最初の2篇にしか登場しないし、読んだ限りはただの「陽気なおじさん」としか描かれていない。トールキンを深く理解するためには必要な詩らしいのだが、正直に言うとちょっとあてがはずれた感じ。
 「農夫ジャイルズの冒険」は、ホビットの冒険のような冒険譚。竜も出てくる。運と不思議な刀の力で最後には王様になる。まぁ、読める。
 「星をのんだかじや」「ニグルの木の葉」は、メルヘン。トールキンの他の作品とは違った感じで、冒険はない。フワフワとした感じの捉えどころのない話で、どうも面白くなかった。あとがきに訳者の解説があり、「星をのんだかじや」では、人間の世界と妖精の世界の関わりについての作者の考え、「ニグルの木の葉」では、キリスト教的な要素が指摘されていた。これで、やっと腑に落ちた。そういうことだったのか。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「トールキン小品集」 固定URL | 1.ファンタジー, 11.トールキン

« 神々の世界 UNDERWORLD | トップページ | サークル・オブ・マジック(1)(2) »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

11.トールキン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/4661013

この記事へのトラックバック一覧です: トールキン小品集:

« 神々の世界 UNDERWORLD | トップページ | サークル・オブ・マジック(1)(2) »