« 趣味は読書。 | トップページ | ねらわれた星 星新一ショートショートセレクション »

2003年11月12日 (水)

神の吹かす風(上)(下)

著  者:シドニィ・シェルダン
出版社:アカデミー出版
出版日:1996年10月10日
評  価:☆☆☆(説明)

 久しぶりに読んだシドニィ・シェルダン。
 知っての通りストーリー展開の巧みさとドンデン返しが特長の作家。意訳を超えて日本語らしく読みやすくした超訳が売りの出版社。なるほど読みやすく、ドンデン返しも伏線もあり楽しめた。でも、「ゲームの達人」や「時間の砂」など、最初のころの作品ほど面白くなかった。その他の作品も何冊か読んだけれど、それと比べても平板な感じがした。
 ストーリーは、田舎の大学教授がルーマニア大使に抜擢されて活躍する話。最後には命も狙われるが、それでも機転を効かせて難を逃れる。
 ドンデン返しがあると思って読んでいるからか、善人が善く、悪人が悪く描かれすぎているのが途中から気になった。少し度が過ぎる。また、大使としてルーマニア政府の要人と交渉するのだが、あまりに単純で驚く。うすっぺらでリアリティが感じられない。ストーリー展開は面白いので、それに水を差している感じ。
 軽い読み物としては素直に楽しむには良いのかも。わざわざ、意地悪な見方をすることもないか。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「神の吹かす風(上)(下)」 固定URL | 2.小説

« 趣味は読書。 | トップページ | ねらわれた星 星新一ショートショートセレクション »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462215

この記事へのトラックバック一覧です: 神の吹かす風(上)(下):

« 趣味は読書。 | トップページ | ねらわれた星 星新一ショートショートセレクション »