« シルマリルの物語(上)(下) | トップページ | 神の吹かす風(上)(下) »

2003年11月 5日 (水)

趣味は読書。

著  者:斎藤美奈子
出版社:平凡社
出版日:2003年1月25日初版 2003年2月20日第三刷
評  価:☆☆☆(説明)

 100万部程度売れたベストセラー本を取り上げて批評する趣向の書評本。基は平凡社のPR誌に連載されたもの。
 著者は本書の中で、西尾幹二氏(新しい歴史教科書をつくる会会長)の「国民の歴史」を評して、「歴史の常識がことごとく覆される快感があっちこっちにあふれている」と書いた人。ベストセラーの評判を覆すことが快感なのかもしれない。とにかく、ナナメから見たり裏読みしたりしながらコキ降ろしている。
 まな板に載せられたのは41冊。読んだことがあるのは5冊しかなかった。「巨泉」「話を聞かない男...」「金持ち父さん...」「海辺のカフカ」「ハリーポッター...」。驚くことに、この5冊については、私の考えと一致していた。著者の言葉を借りれば、私も相当な「邪悪な読者」なようだ。
 この本を読んで、紹介してある本を読もうとは思わないように思うが、役には立った。思っていたのとは全く違う内容のものもあった。「読者というのは勝手に曲解して「私もがんばろう」と励まされる」というくだりは笑えた。
さすがの著者も、ハリーポッターは切り崩せなかった。4巻合計で1650万部。なんでこんなに売れるのかを説明することも、揶揄することもできない。まさに魔法。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「趣味は読書。」 固定URL | 9.その他

« シルマリルの物語(上)(下) | トップページ | 神の吹かす風(上)(下) »

9.その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462214

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味は読書。:

« シルマリルの物語(上)(下) | トップページ | 神の吹かす風(上)(下) »