« ホビットの冒険 | トップページ | 趣味は読書。 »

2003年10月29日 (水)

シルマリルの物語(上)(下)

著  者:J・R・R・トールキン他 (訳:田中明子)
出版社:評論社
出版日:1982年3月10日初版 1994年9月30日第7刷
評  価:☆☆☆(説明)

 指輪物語を遥かに遡る天地創造を含む神話の時代からの話。トールキンの世界観がここまで深いとは驚きだ。ロードオブザリングを映画で観ただけでは想像もつかないと思う。
 この世界は、イルーヴァタアルという創造主が、アイヌアという神々を使って創造した。このアイヌアのうち、最も力のあるメルコオルが邪な心を持ち、冥王モルゴスとなる。このモルゴスの破滅までが、第一紀。この後に、二紀、三紀と続く。
 創造主が最初に世界に住まわせたのがエルフ族。彼らは指輪物語に出てくるような、高貴で完成された人々ではない。強欲であったり、憎しみ殺し合うことさえある。この話で1つ特徴的な言葉が「誓約」、つまり約束。エルフ達は、誓約を破らない。というか破ることができない。「シルマリルという宝玉をこの世の果てまで取り返しに行く」という誓約を立ててしまったフェアノオルの一族は、このために、相手が誰であろうとシルマリルを奪い返すために戦うハメになり、同族同士の争いに陥る。
 ちなみに、指輪物語は、第三紀の終わりの話。第二紀は、エルフと人間の連合軍がサウロンから1つの指輪を奪うまで。サウロンはかつてはモルゴスの第一の手下、エルロンドは、シルマリルの所有者の息子で第一紀の終わりに生まれている、というように、物語は、連綿と続いているのだ。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「シルマリルの物語(上)(下)」 固定URL | 1.ファンタジー, 11.トールキン

« ホビットの冒険 | トップページ | 趣味は読書。 »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

11.トールキン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462213

この記事へのトラックバック一覧です: シルマリルの物語(上)(下):

« ホビットの冒険 | トップページ | 趣味は読書。 »