« 指輪物語4 二つの塔(下) | トップページ | 指輪物語6 王の帰還(下) »

2003年4月21日 (月)

指輪物語5 王の帰還(上)

著  者:J・R・R・トールキン (訳:瀬田貞二)
出版社:評論社
出版日:1974年12月20日初版
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 前冊から、まる1年待たされた当時の読者は辛かったろうと思う。なんせ絶望のままに放っておかれたのだから。
 ガンダルフが長駆ゴンドールまで行くところから、アラゴルンが救世主のように現れて、ミナス・ティリスを包囲するモルドール軍を打ち破り、続いてモルドールの黒門に兵を進めるところまで。
 この分冊は、合戦あり、ローハンの女騎士エオウィンの活躍やアラゴルンに対する恋心ありと、ドラマチックな盛り上がりが多く、映画向きだと思う。中でも、エオウィンがナズグルの首領を倒すシーンはゾクゾクしました。これまでは戦いのシーンが多く、主な登場人物が男ばかりで汗臭いお話でしたが、ここで救われた感じです。
 今回も、太古の人間の王との約束を果たさなかったために、眠ることを許されなかった死者たちを、人間の王としてアラゴルンが率いてきたり、普段は姿を見せない山の原住民がローハン軍に道案内したりと、多彩な登場人物が現れる。
 今までの中で(特に前冊との比較で際立って)展開が速い事もあって、最も読ませる一冊。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「指輪物語5 王の帰還(上)」 固定URL | 1.ファンタジー, 11.トールキン

« 指輪物語4 二つの塔(下) | トップページ | 指輪物語6 王の帰還(下) »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

11.トールキン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462204

この記事へのトラックバック一覧です: 指輪物語5 王の帰還(上):

« 指輪物語4 二つの塔(下) | トップページ | 指輪物語6 王の帰還(下) »