« 指輪物語2 旅の仲間(下) | トップページ | 指輪物語4 二つの塔(下) »

2003年4月15日 (火)

指輪物語3 二つの塔(上)

著  者:J・R・R・トールキン (訳:瀬田貞二)
出版社:評論社
出版日:1973年6月20日 1984年8月30日第9刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 指輪物語6分冊のその3。映画の第2作は既に公開になっているが、まだ見ていない。よって、予告編で明らかになってしまったことを除けば、予備知識なしで読んだ。気のせいか前の2冊より物語に没入できたように思う。
 この分冊は、3手に分かれてしまった旅の仲間のうち、アラゴルン、レゴラス、ギムリの組と、メリーとピピンのホビットのコンビの2組を追ったもの。映画の主人公であるフロドは登場しない。かなり、大胆な章の割り振りだと思う。
 「二つの塔」というタイトルの割には塔の場面はあっけない。 「二つの塔」のうちの1つイセンガルドのオルサンクの塔がエント族によって攻略される、映画の予告編のシーンはない。アラゴルンたちが着いたときにはもう落ちていた。そこにいたサルーマンも、元の白の会議の主宰者にしては、実にあっけなくガンダルフに杖を折られてしまう。
 ローハン国が登場し、徐々に世界が広がっていく。色々なことが徐々に明らかになってくる。主人公不在の進行は確かに辛いが、進展はある分冊。

 にほんブログ村「ファンタジー」ブログコミュニティへ
 (ファンタジー小説についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「指輪物語3 二つの塔(上)」 固定URL | 1.ファンタジー, 11.トールキン

« 指輪物語2 旅の仲間(下) | トップページ | 指輪物語4 二つの塔(下) »

1.ファンタジー」カテゴリの記事

11.トールキン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462202

この記事へのトラックバック一覧です: 指輪物語3 二つの塔(上):

« 指輪物語2 旅の仲間(下) | トップページ | 指輪物語4 二つの塔(下) »