« 十四の嘘と真実 | トップページ | 金持ち父さん貧乏父さん »

2003年1月28日 (火)

シュエイクスピア1

著  者:シェイクスピア (訳:福田恒存)
出版社:中央公論社
出版日:1993年10月20日発行
評  価:☆☆☆(説明)

 シェイクスピアの戯曲のうち、ハムレット、オセロー、アントニーとクレオパトラ、リチャード三世、夏の世の夢の5篇を収録。
 知らない人はいないと思われる有名な作家の手になる作品だ。名前だけは知っているが読んだことがない人の作品、とも言えるかもしれない。かく言う私も、読んだ記憶はなく、一度試しに読んでみたいと思い手にした次第。
 ストーリーは至って単純明快。現代の小説も演劇も、なかなか凝った筋書きで楽しませるものばかりであることを思えば、かえって新鮮な感じさえする。読み込みが浅いだけで、実は奥深い意味があるのかもしれないけれど。 これらは戯曲なので、舞台で上演することを目的に書かれたとすれば、これぐらい筋がまっすぐに通っているほうが良いのだろうと思う。
 率直な感想を言えば、ハムレット、オセロー、アントニーとクレオパトラはそれなりに楽しめる。リチャード三世は、とっつきは悪いが奥深い物語。夏の夜の夢は、タイトルはロマンチックだけれど、面白くはない。
 それにしても、世界中で多くの研究者がシェイクスピアを研究しているようだけれど、何を研究するというのだろう。面白いとか感動したとかではだめなんでしょうかねぇ。

 大人なら(少し背伸びした子どもも)教養として読んでみても良いのでは?

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「シュエイクスピア1」 固定URL | 2.小説

« 十四の嘘と真実 | トップページ | 金持ち父さん貧乏父さん »

2.小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462197

この記事へのトラックバック一覧です: シュエイクスピア1:

« 十四の嘘と真実 | トップページ | 金持ち父さん貧乏父さん »