トップページ | ロストワールド ジュラシックパーク2 »

2002年9月 4日 (水)

海底二万海里

著  者:ジュール・ベルヌ
出版社:福音館書店
出版日:1978年8月31日 第8刷
評  価:☆☆☆(説明)

 SFの父、ベルヌの古典的名作。子供向けに書き直された本が多数出版されているが、これは原作に忠実に訳された700ページもの大作。(しっかりした本をつくる出版社、と図書館の人が福音館書店のことを言っていた。)
 科学的な見地からも、緻密に書かれた(と思わせる)科学小説。ただし、海底の生物の描写が緻密なのは良いが、繰り返し繰り返し出てくるのは、はっきり言って苦痛だった。
 それでも、確かに面白い話だった。特に南極の氷の下からの脱出の場面は、非常にスリリングで、息もつけないほど。
 ネモ船長の正体が最後には分かるものと思っていたが、結局謎のまま。相当、現代社会に批判的だったけど、世を恨む認められない天才科学者か?(このくらいの想像は誰にでもできそうだ。あえて書くまでもないか。)
 同名のディズニー映画があるが、原作とはかなり違う。映画では、ネモ船長の娘が出てきて、アロナックス教授と恋に落ちたりするが、原作にはない。また、アロナックス教授には父親がいて、父から認められないという設定もあるが、これも原作にはない。ディズニーらしい、ロマンスと成長物語の味付けをしたというところか。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「海底二万海里」 固定URL | 3.ミステリー

トップページ | ロストワールド ジュラシックパーク2 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462192

この記事へのトラックバック一覧です: 海底二万海里:

トップページ | ロストワールド ジュラシックパーク2 »