« 海底二万海里 | トップページ | ガリヴァー旅行記 »

2002年9月14日 (土)

ロストワールド ジュラシックパーク2

著  者:マイクル・クライトン (訳:酒井昭伸)
出版社:早川書房
出版日:1995年11月25日 初版
評  価:☆☆☆(説明)

 大ヒットした映画「ジュラシックパーク」の原作の続編。
 あとがきによると、クライトン氏はめったに続編を書かないそうだ。それなのに続編が出たというのも、映画のヒットが影響しているだろうか?
 一作目よりも、プロットがはっきりしていてストーリーにメリハリがあって面白い。マルカム教授のカオス理論や、動物生態学などを取り込んだことで、ストーリーに厚みが出た。
(例えば、なぜ恐竜が絶滅したのかの新学説や、なぜサイトBという場所で肉食恐竜が繁殖しているのかといった理由などが、妙に説得力がある。)

 映画の方の続編「ロストワールド ジュラシックパーク2」は、サイトBの位置付けと、登場人物の一部が同じである以外は、別の話。映画の方が圧倒的に陳腐でつまらない。こちらの本の方が断然面白い。

 にほんブログ村「ミステリ・サスペンス・推理小説全般 」ブログコミュニティへ
 (ミステリ・サスペンス・推理小説全般についてのブログ記事が集まっています。)

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ロストワールド ジュラシックパーク2」 固定URL | 3.ミステリー

« 海底二万海里 | トップページ | ガリヴァー旅行記 »

3.ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108492/48462193

この記事へのトラックバック一覧です: ロストワールド ジュラシックパーク2:

« 海底二万海里 | トップページ | ガリヴァー旅行記 »