2.小説

2018年9月30日 (日)

ファーストラヴ

著  者:島本理生
出版社:文藝春秋
出版日:2018年5月30日 第1刷 7月25日 第5刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 2018上半期の直木賞受賞作。

 主人公は臨床心理士の真壁由紀。30代半ば。結婚して10年。夫と小学生の息子と3人で暮らしている。コメンテーターとしてテレビにも出演している。知名度が高いこともあって、出版社から本の執筆を依頼される。それは、世間の耳目を集めている、女子大生が父親を刺殺した事件の容疑者を取材して、その半生を臨床心理士の視点からをまとめる、というものだ。

 その容疑者の名前は聖山環菜。22歳。女子アナウンサー志望の環菜は、キー局の面接で具合が悪くなり途中で辞退。数時間後に、父親が講師を務める美術学校で、父親を包丁で刺した。自宅へ戻り、母親と言い争った後、自宅を飛び出す。多摩川沿いを顔や手に血を付けたまま歩いていたところを目撃され、警察に通報される。

 物語は、環菜との面会を通じて、由紀が事件の真相を解き明かす様子を軸に描かれる。「真相」と言っても、「事実」にはあまり争うことはなく、もっぱ「動機」についてだ。環菜は取り調べで「動機は自分でも分からないから見つけて欲しいくらいです」と答えた。本人にも分からない「動機」。臨床心理士の由紀になら明らかにすることができるのか?

 冒頭からずっと不穏な緊張感が漂っている。最初はその緊張感を、軸となる「環菜の物語」と並行して明かされる、過去の「由紀の物語」が放っている。環菜の事件の担当弁護士が由紀の義弟で、二人の間に何かがあったことが仄めかされる。そちらが少しずつ明らかになるに従って、今度は環菜の生い立ちや環境が、何か禁忌に触れそうになって、心を騒めかせる。そして2つの物語が響き合い..。

 登場人物の多くが心に傷を負っている。帯に「「家族」という名の迷宮を描く」とある。外からは分からない関係性がある、さらにそれぞれの心の奥は、家族同士にもうかがい知れない。そういう意味で「家族」は「迷宮」だ。本来、疲れた体と心を癒すはずの「家族」が、そのような場所ではない(かもしれない)ことを問う。本書は「問題作」だと思う。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ファーストラヴ」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

最果てアーケード

著  者:小川洋子
出版社:講談社
出版日:2012年6月20日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 著者の作品を時々読みたくなる。本書は2012年の発行。その前の2011年に「BE・LOVE」というコミック誌の連載マンガの原作として書き下ろされた。表紙の装画は酒井駒子さん。

 舞台は世界で一番小さなアーケード。路面電車が走る大通りからひっそりした入り口を入って、十数メートルで行き止まってしまう。使い古しのレース、使用済みの絵葉書、持ち主が手放した勲章やメダル、様々な動物(のはく製)や人形用の義眼、ドアノブ..「一体こんなもの、誰が買うの?」という品を扱う店が集まっている。入口にあるドーナツ屋は例外。

 主人公は、このアーケードの大家の娘。彼女が16歳の時、町の半分が焼ける大火事があって、その時に父親(つまりこのアーケードの大家)は亡くなってしまった。物語は、時間軸を移動して大火事の前後を行ったり来たりする、全部で10編の物語で構成されている。

 私が好きな物語は「紙店シスター」。レターセットやカード類などを扱うお店の話。そこの店主が「たくさん買ってくれるのは、善いお客さんだ」と言う。儲けのことを言っているのではなく、たくさんの便りを書く人は、それだけ大勢の友人や知人、親族を持っている、という意味だ。

 それからこの店は、使用済の絵葉書を置いている。誰かが誰かのために出した絵葉書。ここにあるからには用済みになったものだけれど、店主はその一枚一枚にも、本当に求める人がいるはずだと思っている。そしてその絵葉書からの主人公の回想に、私は心打たれた。その内容は敢えて書かない。

 「あぁそうだった。小川洋子さんはこういう物語を描く人だった」と思った。「ミーナの行進」のレビューにも同じようなことを書いて「静かな音楽を聴いているような心地よさ」と表現したけれど、それとは違う。読み進めるほどに「何かが少しだけおかしい」という思いが募るのだ。小川さんの作品を時々読みたくなるのは、こういう物語が私は好きなんだろう。

 最後に。「何かが少しだけおかしい」という感覚は、読み終えても残る。気になった私はコミックを読んでみた。こちらにはこの「おかしい」にはっきりした輪郭が与えられていた。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「最果てアーケード」 固定URL | 2.小説, 29.小川洋子 | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

カフーを待ちわびて

著  者:原田マハ
出版社:宝島社
出版日:2008年5月26日 第1刷 2018年3月8日 第8刷 発行
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 原田マハさんのデビュー作。エッセイ「フーテンのマハ」で、このデビュー作に至るエピソードを紹介していて、がぜん興味が湧いて読むことにした。

 主人公は友寄明青(あきお)。35歳。沖縄県与那喜島で食料品も雑貨も文房具も扱う「よろずや」を営んでいる。午前9時半に店を開けて午後1時に昼食、2時から4時までは昼寝、6時には閉店。のんびりしたものだ。

 その明青の元に手紙が届く。「あの絵馬に書いてあったあなたの言葉が本当ならば、私をあなたのお嫁さんにしてくださいますか」。「あの絵馬」とは、数カ月前に明青が北陸の孤島の神社に納めた絵馬のことらしい。そこに明青は「嫁に来ないか。幸せにします」と書いた。

 その手紙の主を待って数週間。待ち続けることを恐れ、区切りをつけようと手紙を燃やした翌日、明青の元に本当に幸が現れた。白い花のような小さな顔、潤んだ大きな目、すっと通った鼻とふっくりとした唇。「でーじ、美らさんだ」

 物語は、明青と明青の家に住み込むことになった幸の暮らしぶりを描く。そこに、「裏のおばあ」や、明青の幼馴染、そのうちの一人が持ち込んできた、島のリゾート開発の話が、巧みに織り交ぜられる。

 ぐぅっと引き込まれる物語だった。背景に沖縄の島の青い海と空が見える。デビュー作にしてこの完成度。「日本ラブストーリー大賞」を受賞した作品だけれど、明青と幸の二人の関係は遅々として(というか全く)進まない。それでいて、気持ちが痛いほど伝わってくる。

 「楽園のカンヴァス」「暗幕のゲルニカ」「サロメ」「たゆたえども沈まず」など、「アートミステリー」作品が、キュレーターでもある著者の真骨頂。ところが、「フーテンのマハ」によると、小説家になるにあたって当初は「アート」を封印していたそうだ。そうして書いたのがこの作品。すごい。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「カフーを待ちわびて」 固定URL | 2.小説, 2K.原田マハ | コメント (2) | トラックバック (1)

2018年8月12日 (日)

あつあつを召し上がれ

著  者:小川糸
出版社:新潮社
出版日:2014年5月1日 発行 2016年5月25日 4刷
評  価:☆☆☆(説明)

 「食堂かたつむり」「ツバキ文具店」で、ちょっと疲れたり傷ついたりした心を、優しく労わるような物語を描いてきた著者の短編集。共通するテーマは「料理」。様々なシチュエーションで「料理」がキーになる物語7編を収録。

 ホームに入居した祖母に食べさせる「かき氷」。恋人に案内された中華料理屋で食べる「ぶたばら飯」。10年以上一緒に暮らした人との別れの朝に食べる「松茸」。嫁ぐ日の朝に父に出す「おみそ汁」。思い出のパーラーで大事な人と食べる「ハートコロリット(コロッケ)」。パリのレストランで愛人と食べる晩餐。亡くなった父を偲んで母と作る「きりたんぽ」。

 こうやって、それぞれ短く書き出しただけでも、その料理に何か意味や想いが込められているのを想像してしまう。どんな時に誰と食べるのか?料理にとって、それがとても大事なことだ。一番心に残った1編だけを紹介する。

 それは最後の1編の「季節はずれのきりたんぽ」。主人公の由里は、母から父の四十九日に家で食事を一緒に、と誘われた。メニューは「きりたんぽ」。父の故郷の秋田の料理。大好物だけれど、その味や作り方にはとてもうるさかった。

 その日は、父が好きだった味付けのきりたんぽを、父の思い出話をしながら母娘の2人で作って食べる...。ところが..泣き笑い。そして開放感。母娘にはこういう関係があるのだなぁ、と思った。母が亡くなって残された父と息子にはこんなことは起きない。

 最後に。7編の多くは、冒頭にあげた作品のような「優しく労わるような」物語だけれど、ちょいちょいと違った手触りの物語が混じっている。安心して読んでいると不意打ちをくらうのでご注意を。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「あつあつを召し上がれ」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

ナラタージュ

著  者:島本理生
出版社:角川書店
出版日:2005年2月25日 初版発行
評  価:☆☆☆(説明)

 2018年上半期の直木賞を、著者の作品「ファーストラヴ」が受賞。その受賞作を読む前に、以前から著者の名前とセットで覚えていた本書を読んでみることにした。

 主人公は工藤泉。物語の大部分は彼女が大学2年生のころ。冒頭にもうじき結婚する男性と一緒に新居を見に行くシーンがある。本書は、その時点からの過去の回想を主人公自身が語る形で綴られる。ちなみに、タイトルの「ナラタージュ」は、「映画などで、主人公が回想の形で、過去の出来事を物語ること」だそうだ。

 大学2年生の春、泉は高校時代に所属していた演劇部の顧問の葉山先生から連絡を受ける。夏休み明けにやる演劇部の発表に参加して欲しい、という。「ひさしぶりに君とゆっくり話がしたいと思ったんだ」という先生の言葉に、泉は「四六時中ずっと胸の中を浸していた甘い気持ちがよみがえりそうになった」。泉は先生が好きだったんだな、そんな印象とともに物語は始まる。

 演劇の練習に参加したのは、在校生の新堂、伊織、柚子、泉と同級生だった黒川と志緒、黒川の大学の同級生の小野、泉も含めて全部で7人。演出と舞台監督を葉山先生が務める。その日から週末の練習が始まった。

 この後、大学生4人で「練習」と称して長野にある小野の実家に遊びに行ったり、泉と小野が仲良くなったり(黒川と志緒は元々付き合っていた)、発表会が終って黒川が志緒を置いてアメリカに旅立ったり..。大学生の青春モノのようなエピソードが続く。

 しかし、そうしたエピソードの合間に、泉と葉山先生の関係が思いのほか深いことが分かったり、高校生の不安定さが垣間見えたり、物語全体に緊張感が膨らんでいく。なるほど、本書を高く評価する人がいるのも分かる。ただの青春モノではないのだ。

 高く評価する人がいるのは分かるけれども、私にはちょっと合わなかった。私は普段「共感」や「倫理観」を、そんなに重視しないけれど、主人公たちの「これはどうなのよ?」という行動が気になってしまって、どうも楽しめなかった。

 最後に。ストーリーとは別に、著者は言葉の選び方がちょっと面白い。「小野君はじっと黙ったまま、子供のときの写真を見るような目でこちらを見ていた」とか。「子供のときの写真を見るような目」ってどんな目?考えるのは楽しいけれど、答えはでなかった。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「ナラタージュ」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

また、同じ夢を見ていた

著  者:住野よる
出版社:双葉社
出版日:2018年7月15日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 累計260万部突破のベストセラー「君の膵臓をたべたい」の著者の次作。2年前に単行本として発行されたもので、文庫本の帯に「早くも累計80万部突破!!」とある。

 主人公は小学生の少女、小柳奈ノ花。本を読むのが好きでとても賢い。クラスの騒々しい男子たちのことは、知性のかけらもない馬鹿だと思っている。そんな奴らを初めとして、他人にどう思われようが、自分が正しいと思ったことをするし言う。クラスに友だちはいない。

 クラスに友だちはいないけれど、学校の外にはいる。川の堤防の近くのアパートに住むアバズレさん、丘の上の大きな家に住むおばあちゃん、一緒に散歩をする尻尾のちぎれた猫。廃墟の屋上で高校生の南さんにも出会った。周囲を見下している感のある奈ノ花だけれど、尊敬できる人には心を開いて、その人の話をしっかり受け止める。

 物語は、「幸せとは何か?」を何回かに分けて考えていく国語の授業を、緩やかな軸として、その間に起きる出来事をエピソードとして積み重ねていく。「幸せとは何か?」は、この物語自体のテーマにもなっていて、様々な人が自分にとっての「幸せ」を考えて、それを披露する。「自分にとっての「幸せ」とは?」を、私も考えることになった。

 エピソードの中には、奈ノ花が、ある同級生のためにと思ってしたことが、その子を傷つけてしまう、といったこともある。奈ノ花らしい方法でその子との関係の修復も試みる。こうした心に沁みる話がいくつかあって、奈ノ花の成長も描かれていて、上質な物語として仕上がっている。

 しかし、この物語はそれだけでなく、けっこうな大仕掛けがある。それは読んでのお楽しみ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「また、同じ夢を見ていた」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

この庭に 黒いミンクの話

著  者:梨木香歩
出版社:理論社
出版日:2006年12月 第1刷発行
評  価:☆☆☆(説明)

 梨木香歩さんの挿絵の多い中編、または文章の多い絵本。

 表紙は雪深い庭の風景、本扉の裏の見開きには針葉樹の山の麓の街、その裏のページはカーテンを閉めた部屋が描かれている。部屋の時計は12時10分過ぎ。カーテンのすき間から光が漏れているから昼間だろう。そう、お昼なのにカーテンは閉められている。

 文字による描写の前に、絵によって物語が始まっている。閉ざされた空間、あまり健康とは言えない主人公。そんな予感。

 予感は的中で、主人公は寝起きで、カーテンのすき間から漏れる光が「心に刺さる」という。そしてこの家に来ての数日、ほとんど外に出ていない。寝室ではなくソファベッドで寝起きしている。日本酒、ウォッカ、コニャック、ポートワイン...部屋には酒瓶が転がっている。

 そんな調子だからか、缶詰のサーディンが泳ぎだしたりして、夢とも現とも分からない(いや、どう考えても夢か)物語へと続く。そこに少女がやってきて、一緒に逃げたミンクを探すことに。他人との関りが、主人公を現実につなぎ留めるかと思ったら...。

 静かにイマジネーションが喚起されるような物語。自由奔放なイメージが展開する中で、現在と過去も行き来しているようだ。実は本書は著者の名作「からくりからくさ」に連なるお話。主人公の名前はミケル。私は読んでいないのだけれど文庫版(私が読んだのは単行本)の「からくりからくさ」に、「ミケルの庭」という物語が収録されている。本書と併せて読みたい。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「この庭に 黒いミンクの話」 固定URL | 2.小説, 25.梨木香歩 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

みかづき

著  者:森絵都
出版社:集英社
出版日:2016年9月10日 第1刷発行
評  価:☆☆☆☆☆(説明)

 2017年の本屋大賞第2位の作品。

 「いつか再び狂気の時代が訪れたとき、知の力をもってして、子どもたちが自分を守れるように。真実の道へ進めるように

 昭和の高度経済成長期に、こんな理想を掲げて学習塾を立ち上げた創始者夫婦と、その一族を三代にわたって描いた大河小説。時間軸では昭和36年から平成20年までの約50年にもなる。472ページ。家族のあり方、教育の理想を描きこんだ圧倒的ドラマ。

 物語の最初の主人公は、大島吾郎。22歳。学校の用務員。用務員室で子どもたちの勉強を見てあげていた。吾郎は教え方がうまく、その評判は子どもたちから保護者、とくに母親に広まっていく。そんな母親の一人、赤坂千明に誘われ(半ばはめられ)て学習塾を立ち上げる。

 吾郎は夫と別れて独りだった千明と結婚、娘の蕗子と義母の頼子と四人で暮らし、千明と学習塾を共同経営する。当時は塾は「受験競争を煽る受験屋だ」などと言われ、風当たりが強かったが「勉強を教える、学校とは別の場所」のニーズは確実にあり、塾生は増えて経営は軌道に乗る。

 物語はこんな風に始まるのだけれど、これから数々のドラマが展開する。ほどよく鈍感でおおらかな吾郎と、頑ななまでに意思の強い千明。支えあうこともあれば衝突することもある。二人は蕗子の他に、蘭と菜々美の2人の娘をもうける。千明の血を受け継いだ彼女たちの意思も、衝突とドラマを生む。さらに一見すると吾郎の血を受け継いだ孫の一郎も..。

 三代にわたる家族ドラマの背景には、50年間の日本の教育のあり方の移り変わりがある。民主主義と平等、加熱した競争、ゆとり教育、脱ゆとり。そのそれぞれの波に翻弄されながら、吾郎と千明が始めた学習塾は、曲折を繰り返しながらも、息の長い活動を続ける。二人の意思は次の世代、さらに次の世代に受け継がれる。

 ☆5つ。素晴らしい物語だった。特に後半は心が震える場面が何度も。本書には要所で「月」が話題になる。タイトルの「みかづき」にも意味が込められている。夜空を見上げることが増えそうだ。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「みかづき」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

キッチン風見鶏

著  者:森沢明夫
出版社:角川春樹事務所
出版日:2018年6月18日 第1刷 発行
評  価:☆☆☆☆(説明)

 以前に読んだ「虹の岬の喫茶店」が良かったことを覚えていて、著者の新刊が出ていたのを書店で見つけて手に取ってみた。

 物語の舞台は「キッチン風見鶏」という名の洋食屋。港町の長い坂道を9合目まで登って折れた路地の行き止まりにある。ここの従業員やお客さんなどの数人の視点が、長くても数十ページで入れ替わって、物語が進んでいく。

 その数人の一人が坂田翔平。24歳。「キッチン風見鶏」のアルバイトでウェイター。漫画家志望。あるマンガ雑誌の新人賞に応募して落選したばかり。翔平は実は「見える人」なのだ。幽霊が。このお店には、雨の日に幽霊が出る。翔平に訴えるように見つめてくる幽霊が。

 主要な人物をあと二人。一人は鳥居絵里。32歳。「キッチン風見鶏」の三代目のオーナーシェフ。プロファイリングが得意。お客の様子を見て、好みとか健康状態を当てて、料理の味を調整している。もう一人は、宮久保寿々。「港の占いの館」で占い師として働いている。実は彼女も「見える人」。相談者の守護霊と話せるので「外さない」。

 幽霊やら守護霊やらが出て来るけれど、怖くて背筋が冷える物語ではない。翔平の漫画の話、絵里と絵里に心を寄せるお客の話、余命宣告された絵里の母親の話、寿々と翔平の出会いの話、そして雨の日に出る幽霊の話。たくさんの物語が同時進行で進み、そのすべての基調にあるのは「誰かを思いやる心」だ。冷えるどころか心が温まる物語。

 最後に。心に残った言葉。「心のままに生きなさい

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「キッチン風見鶏」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

書店ガール

著  者:碧野圭
出版社:PHP研究所
出版日:2012年3月29日 第1版第1刷 2015年3月31日 第25刷
評  価:☆☆☆☆(説明)

 書店員を主人公にした物語。「本屋さんのダイアナ」「桜風堂ものがたり」もそうで、ここ数年で増えているのかもしれない。お店のPOPからベストセラーが生まれたりして話題になったり、本屋大賞で書店員さんの選択がクローズアップされたり、そういうことも関係しているのかも。

 タイトルが書店ガールというぐらいだから、主人公は女性。西岡理子と北村亜紀の2人。ともにペガサス書房吉祥寺店に勤めている。理子は副店長で、亜記は正社員。上司と部下の関係にある。物語は亜紀の結婚披露パーティから始まるのだけれど、ちょっとした行き違いもあって、2人が修羅場を演じる。先が思いやられる幕開けだ。

 冒頭の事件から予想される通り、2人の間はずっとギクシャクしていて、衝突を繰り返しながら物語が転んでいく。主に亜紀のきの強さが原因なのだけれど、40歳で「理知的な美人」という評の理子にも失敗はある。亜紀にも少しある「上司に従う気持ち」と、理子の副店長としての責任感、それと「書店員の仕事が好き」という共通点が、なんとか2人をつないでいる。

 そしてお店の存続の危機を迎える。「書店員の仕事が好き」という共通点が、2人をより強く結びつける...。

 物語を楽しめた。女性同士の(というか、アルバイトも含めた女の)争いは、男の私にはちょっと痛々しかったけれど、後半のお店の存続をかけた展開は面白かった。池井戸潤さんの企業モノを、舞台を1つのお店にして主人公を女性にして描いた感じ。本書はシリーズ化されて、既に6作まで出ているらしい。楽しみが増えた。

 人気ブログランキング「本・読書」ページへ
 にほんブログ村「書評・レビュー」ページへ
 (たくさんの感想や書評のブログ記事が集まっています。)

 
Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

「書店ガール」 固定URL | 2.小説 | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0.トラックバックについて | 0.本の評価について | 1.ファンタジー | 11.トールキン | 12.C.S.ルイス(ナルニア国) | 13.ル・グウィン(ゲド戦記) | 14.ダイアナ・ウィン・ジョーンズ | 15.サトクリフ | 16.上橋菜穂子 | 17.P・ステュワート(崖の国) | 18.ガース・ニクス(王国の鍵) | 19.D・デュエイン(駆け出し) | 1A.たつみや章 | 1B.畠中恵 | 1C.小野不由美 | 1D.仁木英之(僕僕先生) | 1E.阿部智里(八咫烏) | 1F.荻原規子(RDG) | 1Z.その他ファンタジー | 2.小説 | 21.村上春樹 | 22.有川浩 | 23.森見登美彦 | 24.恩田陸 | 25.梨木香歩 | 26.万城目学 | 27.三浦しをん | 28.重松清 | 29.小川洋子 | 2A.あさのあつこ | 2B.近藤史恵 | 2C.和田竜 | 2D.高田郁 | 2E.瀬尾まいこ | 2F.辻村深月 | 2G.朝井リョウ | 2H.池井戸潤 | 2I.宮下奈都 | 2J.柚木麻子 | 2K.原田マハ | 3.ミステリー | 31.伊坂幸太郎 | 32.東野圭吾 | 33.森博嗣 | 34.加納朋子 | 35.三崎亜記 | 36.ダン・ブラウン | 37.ダレン・シャン | 38.フィリップ・プルマン | 39.小路幸也(バンドワゴン) | 3A.三上延(ビブリア古書堂) | 3B.ジェフリー・アーチャー | 3C.柳広司(Joker Game) | 3D.大沼紀子(まよパン) | 3F.中山七里 | 3G.海堂尊(田口・白鳥) | 4.エッセイ | 5.ノンフィクション | 51.塩野七生 | 52.感動コミック | 53.池上彰 | 54.グラハムハンコック | 6.経済・実用書 | 7.オピニオン | 71.香山リカ | 8.雑誌 | 9.その他